太陽光発電の普及率は年々上がっている

 
発電やエコに関する関心が盛んになっている昨今、太陽光発電を導入する家庭が増えてきています。一昔前までは太陽光発電は最先端の技術で、家庭において運用するにはコストがかかりすぎてしまい、普及率も多くはありませんでした。今でもコストが低いとまでは言えませんが、それでもだいぶ導入へのハードルが下がってきました。現在では十数軒に一軒程度は太陽光発電を導入しており、太陽光発電が私たちにとって身近なものとなってきているということが分かります。今後もこの動きは続くとみられており、更なる普及率向上に期待がもたれています。

太陽光発電とは?


そもそも、太陽光発電とはどういったものなのでしょうか。太陽光発電とは、半導体技術を応用した発電機構のことです。通常、物体に太陽光が照射された場合は、光エネルギーが熱エネルギーへと変換されます。太陽光でアスファルトが熱くなったり、放置していた水が生温くなるのもこの作用によるものです。太陽光発電の場合、太陽からの光エネルギーを、熱エネルギーではなく電力へと変換します。太陽光電池に光が当たると、半導体内部の電子がエネルギーを持ちます。太陽光電池は、このエネルギーを持った電子を電気として取り出し、家庭用電力として賄う技術となります。太陽光電池から取り出された電気は変電されて家庭用の規格へと変換されるので、一度工事をしてしまえば生産した分の電気を好きに使うことが出来ます。

太陽光電池は、発電に環境への負担が少なく、余った電気が売れるというメリットもあり、昨今の地震の影響からも注目が集まっています。今後の普及にも注目が集まってはいますが、太陽光電池の発達にも期待がもたれています。太陽光電池の技術はまだ発展の余地が十分にあるとされ、低コスト化や発電効率の向上、長寿命化などを中心に研究が続けられています。今後太陽光電池の性能が上がれば、それに伴って普及率もさらに多くなるものと考えられています。

PS.姉妹サイトの太陽光発電まるわかりも参考にしてみてください。